日本国内でクレジットカードが普及してきたのはまだまだ歴史は浅いですが、それでも現代はクレジットカード社会とも言えます。
社会人にでもなればクレジットカード保持は当たり前のことであり、持っていないと信用出来ない人とも見られてしまいます。 基本クレジットカードは無料で発行されることから、海外旅行保険が無料で付帯することに驚かれる方もいるでしょう。
クレジットカードを持っていない人はわざわざ海外旅行保険に加入をしなければいけませんが、クレジットカード一枚あれば保険金は一切必要無いのです。何が起こるかわからない海外旅行に保険をかけることなく出掛ける人は少ないでしょう。
せっかく便利でお得な海外旅行保険が付帯されているのに、それに気が付いていない人も多いので事前に確認をしておくようにしましょう。クレジットカードに予め付帯されている保険というのはショッピング保険だけということではありません。
海外旅行保険も付帯されており、国内だけではなく海外でもクレジットカードの効力を発揮することが出来ます。



クレジットカードには様々な保険が付帯されているブログ:2021年01月04日

みなさん、ぐっどあふたぬーん♪

過食によって摂り過ぎた栄養が、肥満につながっている…
これは事実です。

だから、
「過食をやめないと、減量なんてとんでもない!」
そんな風に、みなさん思っていると思います。

でも、
過食って実際にこれで悩んでいる人の立場で見ると、
とっても高いハードルです。

これでは、当の本人にとっては
まず減量を始めるための壁が、
ものすごく高いものになってしまいます。

ならば、難しいところはとりあえず置いておいて、
「できるところ」から始めてみればいいのです。

過食を続けていても、別の方法で減量はできます。

例えば、体操。
過食をしていても、体操はできます。
最初は少しづつでいいのです。
筋トレ10回、筋トレ10回からで十分です。
散歩10分でもいいのです。
まずは始めてみましょう!

もともと体操の習慣がなかった人は、
これだけの体操をするだけでも、
筋肉が活性化されてきて、筋肉の代謝が上がります。
そして慣れてきたら、徐々に時間や回数を増やしていけばいいんです。

大事なことは、負荷や回数ではなく、「継続すること」です。
もっと言うなら継続できなかった時にでも「諦めないこと」です。
そうして行動していくうちに、
過食との距離もだんだん広がっていきます。

いきなりパッタリとやめようとするとストレスは溜まるし、
過食してしまった場合に自分で自分を責めてしまって、
減量を自分で挫折させてしまいます。

だからこそ
過食と上手くお付き合いしながら、
減量していく事が重要だと、わたくしは思います。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜